OCN光の評判まとめ

 

 

OCN光の通信速度について

 

OCNはもともとはプロバイダーですが、フレッツ光の回線を利用してOCN光としてインターネット回線を提供しています。なので速度の理論値に関しては他の業者と変わりません。実測の評判としては、地域差があります。OCN光は全国展開している回線業者で、そしてユーザー数も他の光コラボレーション業者に比較しても多い方です。なので評判の数も多く、良いものもあれば悪いものもあります。

 

最近のインターネット回線というのは品質が高くて当たり前というところがあります。なので、良い評判というのは安くて問題なく稼働しているというようなことです。普通にインターネットを利用していて、特別回線が速いと感じることはあまりないでしょう。なぜなら速い状態が当たり前になっているからです。むしろ遅いと目立つという感じでしょう。なので、悪い評判というのは回線が止まるというようなことで、実際OCN光はそういう評判もあります。

 

なぜ遅いという評判や回線が安定しないという評判があるかというと、ユーザー数が回線の規模の割にも多いからです。OCN光はプロバイダーが提供する光コラボレーションの中でも特にユーザー数が多い業者なので、回線がパンク状態になっているということになります。

 

 

実際OCN光は回線の速度制限をするという評判もあり、これが事実になるとユーザーは違約金を支払ってでも離れていくでしょう。なので、速度制限が入るという評判は嘘の可能性が高いです。しかしなぜそのような評判が出るのかというと、結局のところは実際に回線に速度制限を検討するくらいに安定性がないという事実があったからでしょう。現在はそれなりに安定しているのですが、実際一時期は回線がパンクしていたのです。

 

上述のようなことは他の光コラボレーション業者でもあったことで、どの光コラボレーション業者も営業に力を入れています。特にフレッツ光のユーザーに対しての営業はかなり積極的に行っており、電話を掛けたり、個人宅を訪問するということを行っています。そこではメリットを前面に出して営業を行っているので、実際顧客の獲得に成功しています。なのですが、顧客を思ったよりも獲得し過ぎた業者は回線がパンクするというような状況が起きました。それでもやはり目の前の利益を諦めるのはいやだということで、どの業者も営業を積極的に続けているということになります。

 

回線がパンクして顧客が多少困ったとしても、お金がほしいというのは人間の心理なので、企業の心理にもなります。特に光コラボレーション業者というのは利益に積極的だからこそもともととは違う事業にどんどん参入しているのです。そういうことなので、顧客からすれば困ることもあるのです。

 

料金について

 

 

ローカル回線を利用できる人であれば、最近はローカル回線の方が良いでしょう。料金も安いですし、回線の安定度が高いです。昔は回線の理論的な速度にローカル回線と全国展開している回線では差があったのですが、現状ではインターネット回線技術が飽和しているので、ローカル回線でも全国展開している回線でも同じようなものになります。そして全国展開している回線業者というのは上述の通り利益に対して積極的で、既存の顧客のことよりも儲かるかどうかを優先する傾向にあります。しかしローカル回線の場合は顧客になる消費者のエリアが限られているので、既存の顧客を安定的に保持していくという方針になります。

 

顧客からすれば、既存の回線を大切にしてもらうことができるので、その方がメリットが多いでしょう。なので、ローカルな場所に定住するのであれば、ローカル回線を利用することをおすすめします。逆に引っ越しの予定があって、全国的に数年で移動する予定があるのであれば、ローカル回線はおすすめできません。最近はローカル回線でも全国展開している回線業者でも違約金の制度を設けています。これは他の業者に顧客を取られないためで、なんとか顧客を縛り付けておきたいのです。インターネット回線業者の競争は特に今は激しいですし、どの業者もサービスの品質が高くなっています。

 

 

なので、どの業者も既存の顧客を他の業者に取られることを恐れているのです。本来であればサービスの質で顧客をつなぎとめておきたいのですが、サービスの質はどの業者も高いのでそこだけで勝負するのは難しいのです。また乗り換えのキャンペーンを出して顧客を奪おうとする業者も多いので、それへの対策でもあります。また最近はキャッシュバックを顧客を縛る方法にしている業者もあり、違約金とキャッシュバックによってダブルで顧客を縛り付けるという作戦でやっています。
どの業者が良いのかというのは一概には言えないのですが、自分が契約したいタイミングでまとめサイトなどでインターネット回線を比較するというのが良いでしょう。いろいろなサイトを見て比較していけば、自分にメリットのある業者がわかります。

ホーム RSS購読 サイトマップ