OCN光の速度の評判と、速度制限の内容について

OCN光の通信速度って実際どうなの?

 

 

OCN光の速度に関しては理論値はフレッツ光や他の光コラボレーション業者も同じでしょう。実測値に関しては時間帯や地域によっても変わりますが、OCNの速度の評判に関しては悪いものも多いです。というのも、速度に関して書き込む人とというのはどちらかというと速度に不満がある人の方が多いでしょう。

 

 

そして、OCN光はユーザー数が多いので、単純に書き込みの数が多くなるということです。また、最近のインターネット回線は技術自体は飽和してきているので、回線の速度というのは回線の混雑具合が重要になります。OCN光は光コラボレーション業者のなかでもユーザー数が多いですし、現在も積極的に営業を行っています。

 

 

なので、回線がパンクするリスクは高いということになります。しかし、既存の顧客にだけどんどん回線を割いていても収益にならないので、どんどん顧客を増やしていくというのは儲けにつながります。特に光コラボレーション業者というのは儲けるために他の業界からわざわざインターネット回線事業に参入してきているので、新規に顧客を獲得して儲けたいという方針が強いのです。

 

 

なのでOCN光は特に儲けたい意志が強いのですが、他の光コラボレーション業者も同じ傾向にはあるということになります。なので実際回線がパンクしたりはしています。回線が混雑してパンクすれば、速度はもちろん遅いですし、遅いどころかまともにインターネットを利用できないということもあるでしょう。

 

 

 

OCN光の速度制限について

 

 

OCN光の速度制限の噂に関してですが、検討されていることは事実です。しかし速度制限をするという確証があるわけではありません。はっきり言って、インターネット回線に速度制限があるというのは最悪で、そんな業者は確実に契約しない方が良いでしょう。インターネットにしても携帯にしても同じですが、契約上はいつでも速度制限が可能になっています。

 

 

しかしそもそも回線の速度を制限する必要が発生するのは、新規に顧客を獲得し過ぎたというような理由になります。既存の顧客の回線を無視して新規顧客を獲得すれば儲かるのですが、それは最悪でしょう。既存の顧客に対して誠意がまったくない業者と言わざるを得ません。

 

 

さすがにOCN光がそのような業者ではないと信じたいところなのですが、もし本当に回線の速度を制限するということになれば、お金に目がくらんだということでしょう。業者としては、顧客が増えたから回線を制限するという理屈なのでしょうが、営業をして顧客を増やしておいて、顧客が増えたから回線速度を制限するというのは最悪でしょう。実際そのようなことをする業者というのは、人気があるからこその措置というような言い回しをするのですが、単に利益のために顧客を犠牲にしているにすぎません。なので、

 

そのような悪徳な業者は避けるということになります。
現代においてインターネット回線に制限を掛けるというのはかなりひどい状況です。すでに契約してしまっている人の場合は、違約金などで縛られているのですが、詐欺に近いものがあるでしょう。実際契約違反なわけではないので詐欺ではないのですが、悪意と言わざるをえません。

 

 

窓口をきちんと見極めよう

 

 

速度制限をするような業者は即効で切るべきなのですが、違約金に縛られて切れないというのはまさに疫病神のような存在の業者です。呪いという感じで、もしも速度制限が本当に入ったのであれば、絶対に契約しない方が良いでしょう。そして、契約中に速度制限を導入された場合は、利用によります。利用が少なければ良いということでもないのですが、明らかに速度制限にはかからない使い方の場合はそれでも良いです。しかし、引っ掛かる可能性があれば、ぜひ解約したいところです。違約金が邪魔なので、それでも解約した方が良いでしょう。

 

 

違約金で縛っておいて速度制限するというのはサービス精神のかけらもない攻撃なのですが、それでも違約金が必要な契約になっているところはひどいと言わざるをえません。せめて契約で速度制限が入った場合は違約金を免除してくれればよいのですが、それだと業者は相当な覚悟がなければ速度制限はできないでしょう。しかしそれくらいの覚悟がなければやらないでほしいところです。適当に制限されても顧客は困りますし、それで移行すると違約金が発生するというのは暴挙と言わざるを得ません。なのでさすがにOCN光はまだそのようなことはないでしょう。

 

 

実際営業もまだ行っています。営業を行うというのは回線に余裕があるからやっていることで、さすがに回線を制限してまで営業を行うというのは携帯のキャリアくらいのものでしょう。顧客に対してかなり扱いが悪いので、それは困ります。
ただ、やはり制限が掛かりそうな業者というのは避けるべきなので、なるべくそういうデメリットがない業者を選んだ方が良いです。そういった情報はインターネット上で調べることが可能なので、それでよいでしょう。"

ホーム RSS購読 サイトマップ