ocn光キャンペーン・転用に申し込む

 

 

OCN光ってどんなサービス?

 

OCN光はもともとプロバイダーであるOCNがインターネット回線とプロバイダーの役割を両方かねて提供しているインターネット回線サービスになります。最近はプロバイダーだけでなく、ソフトバンク、au、ドコモなどの大手携帯回線業者や、総合商社や格安SIM業者も参入しています。

 

 

これらの業者は光コラボレーションと言われるのですが、契約をインターネット回線業者とプロバイダーの両方とも行うという手間がなくなるのが一つのメリットですし、また料金が安くなるというメリットもあります。フレッツ光よりも平均して光コラボレーション業者は1,000円以上は安くなるでしょう。実際光コラボレーション業者はフレッツ光ユーザーに対してそのように営業を掛けており、個人宅に営業を掛けたりしています。電話が掛かってきたり、家に営業の人が来たということが多いでしょう。しかし店舗や営業の人との契約というのはキャッシュバックなどのキャンペーンの面でお得ではないという場合が多いです。

 

 

 

また人件費がかかるので、その分無駄なオプション料金を取られるというようなこともあります。これはかなり無駄で、契約時には多くのオプションを一気に契約できるのに、逆に解約の際にはそれぞれのオプション業者に連絡をしなければならないということがあります。キャッシュバックの条件にオプションを付けてくるという場合は、あまり契約しない方が良いでしょう。キャッシュバックの条件にオプションを提示してこない業者というのもあるので、そういう業者を選択した方が良いでしょう。そもそもキャッシュバックというのはユーザーがもともと支払った料金の一部が戻ってきているだけなので、そのキャッシュバックのためにさらにオプションの料金を支払うというのは無駄が多いでしょう。

 

 

申し込み窓口の選び方

 

 

なのでキャッシュバックに条件を付けないような業者と契約した方が良いでしょう。
またキャッシュバックでの業者のサービスの測り方としては、キャッシュバックの受け取り難易度のこともあります。悪徳な業者の場合は、キャッシュバックが高額ということを宣伝しておきながら、実際にキャッシュバックを受け取っている人が全体の3割にも満たないというような業者もあるのです。これはかなりひどい例なのですが、その辺は口コミなどでも確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

 

具体的にどのようにして顧客にキャッシュバックを受け取らせないかというと、まずはキャッシュバックの受け取りの方法を面倒にします。書類の送付が必要であったり、メールのフォームからの申し込みが必要です。これだけなら問題ないのですが、その手続きを契約から1年くらいの期間が経ってから必要で、その際には業者から手続きをするようにという連絡のメールが来ます。

 

 

しかし業者からは普段から多くのメールが来ますし、そのキャッシュバックに関するメールに関してもあえて件名に別の内容を記載したり、メールの前半部分はまったく別の内容を書くというように、そのメールがキャッシュバックに関するものだとわかりにくくしています。このメールを見落とすと、手続きをしないことになるので、一定期間経過後にキャッシュバック受け取りの権限を放棄したということになるのです。これはかなりひどい業者の場合の話ですが、実際それで受け取りに失敗する人が多いのです。キャッシュバックというのは誰もがほしいものなので、本来は支払口座に振り込めばそれでよいはずなのです。

 

 

なので、業者はわりとあからさまに消費者のデメリットになることを行っています。業者からすればキャッシュバックはコストになるのでなるべく支払いたくないのですが、広告には使いたいので高額に設定はしたいということになります。広告は高額で宣伝しておいて、実際には支払わないというのは一番効率的ということでそのようにしている業者があります。

 

 

使わないほうが良い窓口

 

上述のような業者はそもそも契約しない方が良いのですが、契約する際にはキャッシュバックを確実に受け取れるように対策をするということが重要になります。上述のような罠を仕掛けている業者が多いので、それに対して対策をするということになります。ただ悪徳な代理店ではなく良質な代理店と契約するというのが重要でしょう。ラプターなどは特におすすめの業者になります。価格コムはインターネット契約ではあまりイメージがないかもしれませんが、実際は優良です。ただ他の代理店よりもお金をもらえるまでにかかる時間が長いというのがデメリットでしょう。

 

 

 

オプションはない方が良いということと、キャッシュバックは金額だけではなく条件や受け取りの手間を考えた方が良いということで、金額だけで判断しない方が良いということになります。インターネット上でまとめサイトなどもあるので、それで調べながらお得な業者を探し、そこと契約するというようにすれば、損のないお得な契約を結ぶことができます。"

ホーム RSS購読 サイトマップ